Uncategorized

着工31日目:ベタ基礎コンクリート打設

着工後31日目の状況です。

一般的な工事日程より少し間が開いているかもしれません。我が家はオームインスペクションの方に全6回の工程で検査を入れ、ハウスメーカー側に是正をお願いすることも含めての施工日程を組んでいるため養生期間も含め少し余裕を持ったスケジュールとしているためです。この時点で一般的な建築現場に比べ1週間程度後ろ倒しとなっているかと思います。

 
写真の通り、床スラブにもコンクリートが打設されホールダウン金物も施工されました。

【ホールダウン金物】
ところどころ上部に向かって長めに突き出ている鉄の棒のようなもののことをホールダウン金物と呼びます。このホールダウン金物の目的は後工程で施工する柱とこの金物をビスなどを用いて固定し、建物が基礎から離れてしまわないようにする非常に重要なものとなります。

因みにホールダウン金物の取付個数については構造計算の結果によって最低個数は決まっていますが、この部分は可能な限り計算結果の最低個数よりも多く設置するよう現場監督に依頼していただくことをお勧めします。コンクリート打設後ではやり直しがきかない箇所となるため、是非コンクリート打設前に打ち合わせしてみてください。