Uncategorized

着工43日目:基礎型枠取り外し

着工後43日目の状況です。

適切な養生期間を経て基礎の型枠設置から8日目で型枠が取り外しとなりました。

 

外気温によって適切な養生期間は異なりますが、20度以上であれば5日程度、20度未満であれば1週間程度と言われております。立ち上がりの高さや幅などによっても状況は異なるため、あくまで目安期間です。

35日目の記事でもお伝えしましたが「基礎」は建物というとてつもない重量を支える重要な部分であり、注文住宅を進める上では施主側が是非見ておくべきポイントかと思います。この後足場を組み上物を作っていく工事に入っていきますが、そのタイミングであったり上棟後のタイミングで初めて職人さん方にご挨拶に伺う方がいらっしゃいますが、それでは遅いです。

住宅についてはホームインスペクションを入れない場合には必要最低限の検査として以下2点が一般的な項目となりますが、正直最低限の項目程度です。ただ、この感覚は個人差があると思いますし、ホームインスペクションも回数によりますが10万円~35万円とかなり高額ですので住宅のオプションとの相談になろうかと思います。ここは次回もう少し触れたいと思います。

①建築基準法に基づく検査
中間検査並びに完了検査の2つの検査から成り、この検査は建築基準法という法律で定められている内容に適合しているかどうかを自治体または指定の検査機関により実施されるものです。中間検査については自治体により実施が必須とされている対象の住宅が異なるため、完了検査のみの場合もあります。

②住宅瑕疵担保責任保険の検査
まず住宅瑕疵担保責任保険についてですが、事業者が補償金を供託した場合を除いてその加入が法律で義務付けられている保険のことです。事業者は住宅を引き渡した後、10年間瑕疵担保責任を負うこととなります。

保険に加入するためには検査が義務付けられており、基礎配筋検査、構造体検査及び防水検査(オプション項目)の3つの検査となります。

ここから少し期間が開いてしまいますが次回は基礎検査の状況をお伝えします。